四日市地域まちかど博物館推進委員会です!

たくさんの“熱い”館長さんたちが皆様のお越しをお待ちしています!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「文化がマチを再生する!」

090625REKIZEMI.jpg

イベントのお知らせです。

歴史ゼミナール四日市 設立20周年記念シンポジウム
「文化がマチを再生する!~いま、何を考え、何をなすべきなのか~」

7月18日(土) 13:00開演(12:30開場)
四日市市文化会館第2ホール

出演:中川幾郎、上原恵美、平田オリザ、野村幸廣、「共同地区子供諏訪太鼓」


いまや、まちづくりに「文化」というキーワードはなくてはならないものとなりました。
幅広く捉えた懐の深い「文化」には無限の可能性があります。

「四日市地域まちかど博物館推進委員会」代表の私も総合司会として参加させて頂きます。

詳しくはコチラをご覧下さい!
スポンサーサイト
  1. 2009/06/22(月) 12:12:32|
  2. イベント

パラミタミュージアム

090621paramita.jpg

「四日市地域まちかど博物館」の館長の一人・水谷護さんによる「手づくり水石鉢展」(~6/28)が、パラミタミュージアムの1F・小ギャラリーにて開催中です。

ずいぶん前にご案内頂いていたのですが、ようやく行ってきました。


庭に面した白い空間に、水石鉢の風合いと山野草の緑がとても良いバランスで雰囲気を作っていました。

水谷さんによると、同時開催中の棟方志功展(~6/28)の影響もあり、大盛況とのこと。


最近パラミタミュージアムでは、美術品に囲まれながら聴くコンサートが企画されています。

ちょうど訪問した日には、チェンバロとソプラノ歌手のコンサートが開催されていて、とても良い時間が過ごせました。
  1. 2009/06/22(月) 06:17:15|
  2. イベント

62館!

6/19に審査会を開催しました。

前回の審査会以降、申込みのあったところから順に現地審査として訪問し、その情報を元に推進委員会(の会議)にて審査会を開催し、新たに9館の「まちかど博物館」と「館長」さんを認定させていただきました。

一部条件つきで認定させていただいた館もありますが、いずれも想い溢れる方々ばかり。
初参加の推進委員のかたも、

「いろんな人がいるんですねぇ~!」

いろんな人がいるんです!


これで認定62館!

目標の112館まであと50館!

まだまだ「いろんな人」を募集中です!


チラシ・申込書はコチラ(PDF)からどうぞ!
(※昨年度のチラシですが、そのままご利用いただけます。)




  1. 2009/06/20(土) 12:55:21|
  2. いま何館?

データベース追加掲載

三重県のホームページ内にある「四日市地域まちかど博物館」のデータベースに3館を追加していただきました。
これで平成20年度までの認定50館分に加え、計53館となりました。
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/matikado/asp/yokkaichi.asp

WEB上で各館の概要がご覧いただけます。



まだまだ館長募集中です!!
チラシ・申込書はコチラ(PDF)からどうぞ!
(※昨年度のチラシですが、そのままご利用いただけます。)
  1. 2009/06/10(水) 10:18:38|
  2. まちかど博物館とは

60館!

ちょっと忙しくて整理ができず報告が遅れていましたが・・・

これまでの報告から5館の追加申込みがありました。
これで計60館の申込みとなりました!


まだ審査前なので晴れて「認定」となるかどうかは分かりませんが、
申込みが60台に乗ったのは嬉しいこと。

今年度内の目標は112館!

決して数を増やすことだけが目的ではないのですが、
訪問していただいたり、これからイベントを計画していくのに、
もっともっといろんな館が近接してあるといいなと感じています。

さらに、住民としての視点から見ても、
身近なところが参加していると、なんとなく親近感がわくんじゃないかなと・・・


まだまだ館長募集中です!!
チラシ・申込書はコチラ(PDF)からどうぞ!
(※昨年度のチラシですが、そのままご利用いただけます。)
  1. 2009/06/09(火) 18:50:26|
  2. いま何館?

ひろがり

090607yoshi04.jpg

ブログ画面右側の「お知らせ」で案内している「吉崎海岸早朝清掃」ですが、
「四日市地域まちかど博物館推進委員会」の活動との関わりをご存知ない方のために・・・

もともと「四日市地域まちかど博物館推進委員会」では、文字通り「まちかど博物館」の参加館を募り、館長さんや訪問者のコミュニケーションを目的とするだけでなく、そこから発展する「まちづくり」を、当初から期待して活動を始めました。

地域に意識があり、文化に意識があり、皆で力を合わせて活動することに意識がある人たちが集まれば、必ず世の中を良くしていくことができるだろうと・・・・


そんな中、「吉崎海岸早朝清掃」は、一昨年前から四日市の富桑緑地公園で月1回早朝清掃をしていた「かめ・かめ博物館」館長の森さんとの出会いに始まります。

「四日市地域まちかど博物館」に相応しい館長さん候補をWEB上で探すとどんな人が見つかるかと検索していたところ、当初より「かめ・かめ博物館」と銘打ってWEB上でカメの置物コレクションを紹介している森さんを発見しました。

早速連絡を取り、訪問していろいろ話をすると、早朝清掃の話が出てきました。
1年半ほど続けてきた早朝清掃が、いろんな方の協力により、以前と比べ物にならないほどきれいになって、物足らないくらいになったとか。

そこで早速提案!
楠の吉崎海岸はウミガメの産卵実績もあるし、その海岸にはゴミがいっぱいで困っている。
場所を楠に移してはどうかと・・・!


その後、メンバーの知り合いや自治会や行政やマスコミなどいろんな方のいろんなご協力のもと、今年の1月から、吉崎海岸での早朝清掃(毎月第1日曜日の朝7時から9時まで)が始まりました。


今日はその第6回目の早朝清掃の日。
老若男女100名あまりの参加者がありました。
「四日市地域まちかど博物館」の推進委員や館長さんからも7組の参加。
うち3人は早朝清掃の運営スタッフ。
ひとつの成果として、すごく嬉しく思います。


取材に来ていた新聞記者さんは、
「若い人がいっぱい来ているのが信じられない・・・」

海辺の植物の講師として参加頂いたかたも、
「子供がたくさん来ているのがとてもいいこと」

世代もいろいろ、地域もいろいろ、動機やきっかけもいろいろ・・・
個人での参加もあれば、家族や友達との参加もあり、初参加もリピーターも・・・

何よりも「自主的」な参加が素晴らしく、尊く、嬉しく感じられます。
そんな方達の活動は、さらに必ず何かいろんな活動に発展していくと思います。
  1. 2009/06/07(日) 14:12:34|
  2. 早朝清掃

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。